トラベルワクチン料金

診察料2,750円になります。
表のワクチンは接種1回分の料金です。


予防可能な疾患ワクチン名価格(税込)
A/B型肝炎 混合ワクチンTwinrix15,950円
A型肝炎Havrix15,400円
B型肝炎Engerix-B9,900円
B型肝炎HEPLISAV-B77,000円
(Tdap) 破傷風/ジフテリア/百日咳Boostrix9,900円
狂犬病ChiroRab15,400円
狂犬病ラビピュール27,500円
腸チフスTypbar TCV14,300円
腸チフスTyphim Vi14,300円
コレラDUKORAL13,200円
日本脳炎JENVAC14,300円
髄膜炎菌(ACYW-135・MCV4)Menveo25,300円
髄膜炎菌(MENB)Bexsero36,300円
(MR) 麻疹/風疹乾燥弱毒生麻しん・風しん混合ワクチン(MRワクチン)13,200円
(在庫なし)
(MMR) 麻疹/風疹/ムンプス M-M-RⅡ27,500円
(在庫あり)
(MMR) 麻疹/風疹/ムンプス PRIORIX14,300円
(在庫あり)
ダニ媒介性脳炎FSME-immun15,400円
ポリオ(不活化)イモバックスポリオ11,000円
水痘乾燥弱毒生水痘ワクチン7,700円
インフルエンザインフルエンザHAワクチン4,400円
(在庫なし)
新型コロナウイルスコミナティRTU筋注1人用 (1価: オミクロン株XBB.1.5)19,800円
新型コロナウイルススパイクバックス筋注 (1価: オミクロン株XBB.1.5)19,800円
※当院では輸入ワクチンの価格安定化に最大限努めておりますが、輸入状況等の影響を受けることをご理解ください。

ワクチン接種証明書

英文接種証明書(診断書)の形式で、過去のワクチンの記録(母子手帳、他院の接種記録等含む)すべてまとめて診断書として発行します。特定のフォーマットを持参していただいて、記入することも可能です。


証明書発行プラン価格(税込)
即時発行88,000円
当日17時までに発行(※1)44,000円
1週間後までに発行(※2)11,000円
書類郵送手数料(自宅配送を希望の場合)550円
※1 その日の14時までに受け付けた証明書を当日の17時までに発行します。14時以降に受け付けた証明書は翌日の15時までに発行します。
※2 証明書を受け付けてから7日後の開院時刻以降にお渡し可能となります。

狂犬病免疫グロブリン(RIG)

価格
狂犬病免疫グロブリン(RIG)792,000円
海外で犬に噛まれた、猫に引っ掻かれた等、野生動物と接触があった場合の処置になります。狂犬病の感染の危険がある際の処置については、暴露後接種、RIG接種含め海外旅行保険やクレジットカード付帯の旅行保険の対象になる場合が多いです。

抗体検査

検査可能な疾患価格
麻疹・風疹・ムンプス(おたふくかぜ)・水痘・B型肝炎5,500円
結核(Tspot)16,500円
結核(QuantiFERON)22,000円

抗体検査をご希望の方へ

検体の保存期限の関係で、検査ごとに受付可能日時が厳格に定められています。
検査をご希望の方は、必ず受付可能日時の詳細をご確認ください。

予防薬

予防薬名分量価格(税込)
マラリア予防薬(マラロン)1錠1,100円
高山病予防薬(ダイアモックス)10錠3,300円
フライト快適セット5日分3,300円
胃腸サポートセット5日分3,300円
接待対策セット5日分3,300円
風邪対策セット5日分3,300円
解熱剤セット10錠550円

海外赴任前・帰国後健診

対応している健診価格
法定海外渡航健診11,000円
台湾留学前検診(X線+梅毒検査)16,500円
シンガポール渡航前健診(法定海外渡航健診+HIV検査)13,640円
健診結果(英語翻訳)11,000円
当院で、期限以内の健診結果の英訳を承ることも可能です。

予防できる感染症

当院では下記のトラベルワクチンを取り扱っております。


Hepatitis A

A型肝炎

A肝炎ウイルス(HAV)に汚染された食べ物や飲み物から感染します。アジア・アフリカ・中南米など発展途上国に多いです。発熱、腹痛、嘔吐、黄疸など1ヶ月以上の入院が必要となる場合もあります。

Hepatitis B

B型肝炎

B肝炎ウイルス(HBV)が血液、体液、性的接触などを通じて広がります。慢性化する可能性があり、肝硬変や肝癌のリスクを増加させることがあります。

Tetanus (Tdap)

破傷風

破傷風は世界中の土壌に存在し、けがをしたときなどに深い傷口や切創から破傷風菌が入り感染します。筋肉の動きを阻害する毒素により、筋肉の硬直、けいれんなどを引き起こし、死につながることもあります。

Diphtheria (Tdap)

ジフテリア

ジフテリア菌による上気道感染症です。のどの痛みや咳だけでなく、心筋炎や神経麻痺など重篤な合併症を引き起こす可能性があります。

Pertussis (Tdap)

百日咳

百日咳菌(Bordetella pertussis)によって引き起こされる気道感染症です。百日咳は風邪のような症状から始まり、激しい咳を引き起こし、重症な肺炎や脳症、まれに死につながる病気です。

Rabies

狂犬病

狂犬病は狂犬病ウイルスによって引き起こされる重篤な感染症です。感染した動物からの咬傷や唾液の接触により、人に感染する可能性があります。

Typhoid

腸チフス

腸チフスはサルモネラ・チフス菌に汚染された食べ物や飲み物から感染します。高熱、頭痛、全身倦怠感などが起こります。消化器症状は必ず起こるわけではありませんが、下痢や腹痛等が起こることもあります。

Cholera

コレラ

コレラは汚染された飲べ物や飲み物から感染します。下痢を起こし、重症化すると嘔吐や白い米のとぎ汁様の下痢がでて入院が必要になるほどの脱水状態に陥ることがあります。

Japanese Encephalitis

日本脳炎

日本脳炎は、蚊によって媒介された日本脳炎ウイルスによって感染します。発熱・頭痛・意識障害や麻痺などがおこり、発症すると致死率は20-40%で発症前に予防が求められます。

Meningococcus

髄膜炎菌

髄膜炎菌は、咳やくしゃみにより感染します。初期症状は、頭痛や発熱、嘔吐など、風邪と似ているため、早期診断がとても難しい病気です。髄膜刺激症状や意識障害もおきます。髄膜炎を発症後2日以内に5〜10%が死亡し、適切な治療を受けても、10〜20%の割合で神経障害や手足の切断などの後遺症を残します。

Measles (MMR)

麻疹(はしか)

麻疹は麻疹ウイルス(Measles virus)によって引き起こされる高度に感染力のある呼吸器感染症です。感染は感染者の咳やくしゃみから空気中に広がります。麻疹は高熱、発疹、咳、結膜炎などの症状を引き起こし、重篤な合併症や死亡リスクをもたらす可能性があります。

Rubella (MMR)

風疹

風疹ウイルス(Rubella virus)によって引き起こされる感染症であり、通常は子供時代に感染します。感染は感染者のくしゃみや咳から空気中に広がります。風疹は発疹、発熱、リンパ節の腫れなどの症状を引き起こし、特に妊娠初期の妊婦に感染すると胎児に重篤な障害を引き起こす可能性があります。

Mumps (MMR)

ムンプス(おたふく風邪)

ムンプスウイルス(Mumps virus)によって引き起こされる感染症であり、通常は唾液を介して感染します。感染は感染者の咳やくしゃみから空気中に広がります。ムンプスは発熱、顔の腫れ、頭痛、筋肉の痛みなどの症状を引き起こし、重篤な合併症をもたらす可能性があります。

Tick-borne Encephalitis

ダニ媒介性脳炎

ダニ媒介性脳炎はTBEウイルスを保有するマダニに刺咬されることによって感染します。感染地域では、野外活動中にダニに噛まれるリスクがあります。TBEウイルスは中枢神経系に影響を及ぼし、高熱、頭痛、筋肉の痛みなどの一般的な症状から、重度の脳炎や脳脊髄炎に進行することがあります。感染が進行すれば、神経学的な後遺症を残すこともあります。

Polio

ポリオ

ポリオは、汚染された飲べ物や飲み物から感染します。感染してもほとんどの場合は発病しないか、発病しても風邪症状程度です。稀に、口から侵入したウイルスが、腸管で増殖した後、神経系に感染を広げることがあります。一部は筋肉の麻痺や弱体化を引き起こし、中枢神経系への影響を与えます。重症の場合は、手足に麻痺を起こし運動障害が後遺症として残ります。

駅すぐ|当日予約|即日接種

グローバルで勝つための
健康づくりは
フライトワクチンから

/**/