海外で動物に噛まれた時の対処法 | 狂犬病

この記事のまとめ

狂犬病発症後の致死率はほぼ100%、世界で毎年5万人超の死者
ウイルスを保有するイヌ、ネコ、キツネ、コウモリなどと接触することで感染
接触した場合は免疫グロブリンとワクチンの接種を行う必要がある


※狂犬病免疫グロブリン(RIG)の国内製造はなく今までは国内での取り扱いがありませんでした。現在新宿クイッククリニックは国内で唯一の民間向けRIGの輸入・投与を行っている病院です。

狂犬病とは

狂犬病とは、人畜共通感染症(人も動物も感染する感染症)の一つで、発症後の致死率はほぼ100%、毎年世界で5万人超の方が亡くなっている恐ろしい感染症です。
日本を含む一部の国を除き全世界的に分布しており、ウイルスを保有するイヌ、ネコ、キツネ、コウモリなどの唾液と接触することで感染します。接触の例として、野生動物に噛まれる、引っ掻かれたりする、傷口を舐められることがあります。
感染リスク国に渡航する際は事前のワクチン接種、感染が疑われる際には発症を防ぐため迅速かつ適切な処置を行う必要があります。

狂犬病の発生状況(出典:厚労省ホームページ)

出典:厚生労働省

狂犬病を発症するとどうなる?

初期症状は、発熱、頭痛、疲労感、身体のだるさなど風邪と似た症状に始まり、進行すると上手く立ったり歩けなくなる運動失調、水を見るとたり風が当たると首の筋肉がけいれんする恐水症、恐風症など、狂犬病特有の神経症状が現れます。最終的には昏睡状態となり、ほぼ100%死亡に至ります。

海外で動物に噛まれた
引っ掻かれた時の対処法

狂犬病は一度発症すると治療法がなく、ほぼ100%の確率で死に至るため、発症自体を迅速に防ぐことが重要です。
動物に噛まれた、引っ掻かれた、傷・粘液を舐められた等で感染が疑われる際は、まず該当部位を大量の水と石鹸を用い洗浄しましょう。さらに、WHOでは発症を防止するために狂犬病ワクチンと狂犬病免疫グロブリン(RIG)の両方を迅速に投与することが推奨されています。

狂犬病ワクチン

発症するまでの潜伏期の間にワクチンを接種することで、体内で免疫を作り出し発症を阻止します。免疫の獲得までに時間がかかるため、下記の狂犬病免疫グロブリン(RIG)との併用が推奨されます。

狂犬病免疫グロブリン(RIG)

狂犬病免疫グロブリン(RIG)の投与により、狂犬病に対する短期的な免疫を迅速に得ることができます。狂犬病ワクチンにより、病原体に対抗するための抗体を体が作り出すまでの期間をカバーします。

※狂犬病免疫グロブリン(RIG)は近年まで国内での取り扱いはありませんでしたが、当院にて取り扱いを開始いたしました。現在国内で唯一RIGを民間向けに取り扱っている病院です。

免疫グロブリン(RIG)は必要なの?

過去の事例として、狂犬病曝露後にRIG接種を受けた患者の死亡例はありません。しかし、RIGの接種を受けなかった場合、曝露の重症度によっては死亡例が存在します。ワクチンでも一定の効果は得られますが、万全を期すためにはRIGの接種が推奨されています。

発症しないためにも事前のワクチン、曝露後の適切な対処が必要です。当院では予防ワクチン・暴露後のワクチン接種、免疫グロブリン(RIG)の投与まで行っていただけます。また、狂犬病の感染の危険がある際の処置については、暴露後接種、RIG接種含め海外旅行保険やクレジットカード付帯の旅行保険の対象になる場合が多いです。狂犬病でお困りの際は、まずはぜひ当院にてご相談ください。